HOME                  
 
愉快・不愉快ものがたり 誰も知らない落合信彦 お百姓の食いもん話 ぶーたれて三面記事


  【 コキとは、何?&ぷろふぃーる 】

まず、コキの名前の由来であるが「告る」「こくる」から来たものであろう。
「告る」とは言うまでもなく「告白する」「話す」の意であるが、コキとなるともっと広義な意味に使われる。 それは、行動する人間を指すということである。コキにはいくつかの種類がある。
オベダフリコキ/エエフリコキ/バシコキ/ セヤミコキ等である。しかしながら、概して外部から判別するのは難しいと言わねばならない。

ここからは、個々のコキについての検証に入りたい。


◎オベダフリコキ  (俗名: シッタカブリ )

「おぼえたふり」からきたものである。これは非常に的をえた名付け方であろう。 覚えた振りであり、決して自分自身の知識ではないということである。 しばしば「ウンチク」と混同されがちであるが、これは似て非なるものである。

三省堂Web Dictionary  デイリーコンサイス国語辞典  より
 しったかぶり  【知ったか振り  知りもしないことを、
 さも知っているかのように振る舞うこと。
 うんちく  【▼蘊蓄/▼薀蓄】    (名)スル
 (1)深く研究して身につけた知識。
 「―の深さを示す」
 (2)物を蓄えること。
 「以て余力を―すべし/佳人之奇遇(散士)」
 ――を傾・ける
 蓄えている知識のすべてを傾注する。

しかしながら、外形からこの両者を区別することは、極めて難しいといえる。

◎エエフリコキ      (俗名: エエカッコシイ )

エエは良いであり、フリは振りである。これもまた、分かり易い名付け方である。
これは外形から比較的容易に判別しやすいという特徴をもっている。が人はこれを往々にしてカリスマと勘違いしている事例が多々ある。

このコキは、コッケイを伴うことも少なくない。自身が必死であればあるほど、 周りにチョウショウ、クショウをもって迎えられるということである。

また、「コビル」「ゴマスリ」などという、傍から見ていて気の毒とも思えるような行動をとる場合もある。


◎バシコキ=ウソコキ         (俗名: ウソツキ )

ウソバシコイデという言い回しがあります。嘘ばっかりついての「ばっかり」が「ばっかし」となり 「バシ」になったんではないかと、?????・・・どうなんでしょう?って人に聞いてどうする。

毒性に関しては、相手の気を引くためのチクリと刺すような痛みを伴う比較的弱 い、毒とも呼べないものから、「大儀」「大儀」と叫びたて多くの人間を死に至らしめるという猛 毒を持った悪質なものまでと千差万別です。

この猛毒を持ったバシコキは、ケンリョクと合体したとき、 より毒性を強くするという性質がある。このケンリョクと合体したバシコキは、 しばしば「インペイ」という体質を持つことがある。
これに対抗するかのごとく、 ごくたまに「コクハツ」というものが出てきたりもするが、たいがいの場合、 「バシコキ」「ケンリョク」の連合軍の前に、あえなく蹴散らされるということが多い。


◎セヤミコキ        (俗名:ぐうたら、横着、面倒臭がり、等々)

俗名ではうまくニュアンスが伝わりにくい言葉であるが一言で言えば行動したがらない、 あるいは行動しない人間とでもいうことであろうか。横着が、最も近い言葉かも・・・?


プロフィール

KOKIの名前は、このセヤミコキからきている。その他、上記解説にあるものをすべて兼ね備えた ホンマモンのコキである。   

 生息地   AKITA
 年齢  不詳にしておいた方が・・・神秘的    (どこが?)
 趣味  悪態をつくこととパソコン・・・かな
 スポーツ  前はいろいろ、今はさっぱり
 自慢  半年で10キロ太って、そのまま体型が何年も変わらないこと

              ▲ページの先頭へ!   【 → Home 】


Click Here!