HOME誰も知らない落合信彦落合信彦ブックス資料室
ad.jpg(25481 byte)

落合信彦ブックス資料室

(1〜25)  (26〜50)
(51〜75) (76〜)

26.戦いいまだ終わらず

27.狼たちの世界

28.アメリカよ!あめりかよ!

29、狼たちへの伝言

30.憎しみの大地

31.戦いいまだ終らず

32.アメリカを葬った男
マフィア激白!
ケネディ兄弟、モンロー死の真相

33.狼たちへの伝言

34.ウォッチ・ザ・ワールド
国際情報JUST NOW ’92

35.誇り高き者たちへ

36.ケネディからの伝言

37.ザ・プリティ・ボーイ

38.決定版 2039年の真実

39.狼たちへの伝言

40.挑戦者たち

41.栄光遥かなり

42.終局への宴

43.もっともっとアメリカ
アメリカを10倍知り、100倍楽しむ本

44.狼たちへの伝言〈2〉
熱き引き金で狙え!

45.そしてわが祖国
怒れ!!日本の若者たちよ

46.狼たちへの伝言〈3〉
21世紀への出撃

47.DAX〈上巻〉野性の歌

48.世界を葬る男たち
21世紀の征服者国際マフィア連合

49.アメリカを葬った男

50.太陽の馬〈上〉

(1〜25)
(26〜50) (51〜77)

狼たちへの伝言〈3〉21世紀への出撃
狼たちへの伝言〈3〉21世紀への出撃
落合 信彦
集英社
出版日:1995-10
詳細はコチラから

※落合信彦氏は、時期や出版社によって、なぜか文体と作風が変わってしまうことで有名だが、この「狼たちへの伝言」シリーズは、若者に対する発憤剤としてもよく書けているし、国際情勢に対する問題提起としても、なかなかのものである。

日本に情報局を設置せよ、日本がアメリカに大学を設置して、日本学を教えて日本の宣伝に励め、などなど。あるノンフィンクション・ライターによると、この「狼」も落合氏本人の手による作品ではないらしいが、それでもこの作品はよく書けている。これだけのことが書けるというのはよほど国際情勢に詳しい、ゴーストだったのだろう。K氏に敬意を表して。

※超一流の男の語る言葉は、とても重みがある。しかも、
ノリにのっている自分の頃だからなおさらだ。

アイルトン・セナ。

彼は言う。「皆平等にチャンスは与えられている。この世に
生を受けたということ、それ自体が最大のチャンスではないか。」

セナが言うと、「よーし、じゃあやるか!」という気にさせて
くれる。 彼自身、天才ながらも極限の努力で頂点に立ったのだから。

このインタビューが成功しているのは、もちろん聞き手が落合氏
だからということは言っておく必要があると思う。

※非常に内容が充実してました。特に、世界から見た日本を明確に書いてあり、自分が以外に気がついていないような事まで書いてありました。