HOME誰も知らない落合信彦落合信彦ブックス資料室
ad.jpg(25481 byte)

落合信彦ブックス資料室

(1〜25)  (26〜50)
(51〜75) (76〜)

26.戦いいまだ終わらず

27.狼たちの世界

28.アメリカよ!あめりかよ!

29、狼たちへの伝言

30.憎しみの大地

31.戦いいまだ終らず

32.アメリカを葬った男
マフィア激白!
ケネディ兄弟、モンロー死の真相

33.狼たちへの伝言

34.ウォッチ・ザ・ワールド
国際情報JUST NOW ’92

35.誇り高き者たちへ

36.ケネディからの伝言

37.ザ・プリティ・ボーイ

38.決定版 2039年の真実

39.狼たちへの伝言

40.挑戦者たち

41.栄光遥かなり

42.終局への宴

43.もっともっとアメリカ
アメリカを10倍知り、100倍楽しむ本

44.狼たちへの伝言〈2〉
熱き引き金で狙え!

45.そしてわが祖国
怒れ!!日本の若者たちよ

46.狼たちへの伝言〈3〉
21世紀への出撃

47.DAX〈上巻〉野性の歌

48.世界を葬る男たち
21世紀の征服者国際マフィア連合

49.アメリカを葬った男

50.太陽の馬〈上〉

(1〜25)
(26〜50) (51〜77)

ウォッチ・ザ・ワールド―国際情報JUST NOW ’92
ウォッチ・ザ・ワールド―国際情報JUST NOW ’92
落合 信彦
集英社
出版日:1992-05
詳細はコチラから

※著者が国際ジャーナリストとして、自分の足で歩いて取材した事柄を中心に、ベルリンの壁崩壊以後の混迷する世界の諸問題をえぐり出した国際情報の本。著者はこの本を記すためロシア、ウクライナ(クリミア半島)で統一後の旧東ドイツ、フランス、イギリス、イスラエル・アメリカ・デルなどを取材して回り、政府首脳からネオナチのリーダーやペルーの対テロ本部のリーダーまで、多くの人物に単独インタビューを行っている。特に注目すべき点は、近い将来その地域のキーパーソン、台風の目となりそうな人物を取材し、その実像に迫っている点である。

中東和平ついてはベンヤミン・ナタニヤフ(イスラエル首相)と初めて会見し、そのカリスマ性を見抜いたほか、ロシアではジリノフスキーに密着取材を行い、彼が天才的なデマゴーグであることを日本の読者に伝えた。本著の一つの優れた点は著者によるマーガレット・サッチャー元英国首相及び、シェワルナゼ元ソビエト外相への長時間インタビューした記事がたっぷりページをとって掲載されている点である。