HOME誰も知らない落合信彦落合信彦ブックス資料室
ad.jpg(25481 byte)

落合信彦ブックス資料室

(1〜25)  (26〜50)
(51〜75) (76〜)

26.戦いいまだ終わらず

27.狼たちの世界

28.アメリカよ!あめりかよ!

29、狼たちへの伝言

30.憎しみの大地

31.戦いいまだ終らず

32.アメリカを葬った男
マフィア激白!
ケネディ兄弟、モンロー死の真相

33.狼たちへの伝言

34.ウォッチ・ザ・ワールド
国際情報JUST NOW ’92

35.誇り高き者たちへ

36.ケネディからの伝言

37.ザ・プリティ・ボーイ

38.決定版 2039年の真実

39.狼たちへの伝言

40.挑戦者たち

41.栄光遥かなり

42.終局への宴

43.もっともっとアメリカ
アメリカを10倍知り、100倍楽しむ本

44.狼たちへの伝言〈2〉
熱き引き金で狙え!

45.そしてわが祖国
怒れ!!日本の若者たちよ

46.狼たちへの伝言〈3〉
21世紀への出撃

47.DAX〈上巻〉野性の歌

48.世界を葬る男たち
21世紀の征服者国際マフィア連合

49.アメリカを葬った男

50.太陽の馬〈上〉

(1〜25)
(26〜50) (51〜77)

誇り高き者たちへ
誇り高き者たちへ
落合 信彦
集英社
出版日:1996-04
詳細はコチラから

※あくまで小説、かもしれない。
しかし、著者の足でつかんだ確かな情報と確かなセンスをもった分析眼をベースに書き上げられていると思われる。
そう、小説の中だけの話かもしれない。
しかし、「戦争」をじっくり考える啓蒙の書籍でもある。
「戦争反対」と謳うのはたやすい。

しかし、どれだけの人間が「戦争」、各地で起こる武力衝突の背景を知ってスローガンを掲げているだろう。

教育を受ける権利が補償され、ましてや国民のすべてが義務教育として教育を受けることのできる国に生まれている者だけが、この「戦争」「武力衝突」を無くせる。世界各地で起こっている武力闘争は、何も部族間の、国家間どうしのイデオロギーの違いによるものだけではない。戦争をするば儲けるやつがいる。得をするやつがいる。それが誰か。そして彼らがなぜ存在するか。それを見極める眼をもち、改善を加えていくことが教育ではないか。忘れてならないのは、私達が、国の代表を選ぶ権利を持ち合わせているということ。TVや新聞を通して世界各国の悲惨な状況を見て「かわいそうだ」と思うなら、賢く自分の代表を選び、賢く国を治め、国際政治をよく治める人を自分達の手で育てあげなければならない。

「戦争」の裏側を学ぶ必読書としてほしい。

※落合信彦の作品は何冊か読んだが,その中でも一番のお気に入りはこの本。舞台はブリュッセル。国際政治と軍事、そして武器商人が複雑にからみあう、落合信彦らしさがたくさん出ている一冊。各キャラクターも一人一人’味’が出ていて、ストーリーも各国々の諜報機関の駆け引きを主にどんどん、読み進めます。特に、ストーリーがサダムフセインの、クルド人撲滅をたくらんでいることから、始まるので、まるで本当にあったような、感覚で読み進められる。