HOME誰も知らない落合信彦落合信彦ブックス資料室
ad.jpg(25481 byte)

落合信彦ブックス資料室

(1〜25)  (26〜50)
(51〜75) (76〜)

51.フェイク

52.命の使い方

53.王たちの行進

54.魔軍(キラー・ウィルス)

55.勝ち残りの「生き方」

56.「豚」の人生「人間」の人生

57.そして帝国は消えた

58.烈炎に舞う

59.翔べ黄金の翼に乗って

60.命の使い方

61.「ケンカ」のすすめ

62.運命の劇場〈上〉

63.魂-新・学問のすすめ

64.冒険者たち〈上〉野生の歌

65.勇気の時代

66.21世紀の狼たちへ
落合信彦選集〈8〉

67.10年後の自分が見えるヤツ 1年後の自分も見えないヤツ

68.騙し人

69.「大差」の時代
落合信彦選集〈9〉

70.ザ・ラスト・ウォー

71.魂―感動と勇気の人生

72.1度の失敗であきらめるヤツ 1年後の自分も見えないヤツ 10度の成功でも満足しないヤツ

73.断ち切れ!日本村の感覚 落合信彦選書〈3〉

74.どしゃぶりの時代 魂の磨き方

75.ザ・ファイナル・オプション 騙し人〈2〉

76.私が愛した金正日

77.虎を鎖でつなげ

(1〜25)  (26〜50)
(51〜75) (76〜)

フェイク―マフィアをはめた男
フェイク―マフィアをはめた男
ジョセフ ピストーネ
集英社
出版日:1997-06
詳細はコチラから

※トニー・ロッシとして活躍した話とこの本の両方を見ると
面白いです。

各々が、自分の役柄を演じ、任務をこなしていく。

役柄を演じるにしても、やはり人間性が出ているようで、
同じ捜査官でもやり口は異なるようです。

いずれの本にも、話が交わる部分があり、各々の視点から
お互いを意見しているのが、なかなか面白いです。

ぜひぜひ、読んでみて下さい!