HOME誰も知らない落合信彦落合信彦ブックス資料室
ad.jpg(25481 byte)

落合信彦ブックス資料室 1

(1〜25)  (26〜50)
(51〜75) (76〜)

1.二〇三九年の真実

2.20世紀最後の真実

3.モサド、その真実

4.アメリカの狂気と悲劇

5.男たちのバラード

6.アメリカの狂気と悲劇

7.20世紀最後の真実

8.21世紀への演出者たち

9.モサド、その真実

10.英雄たちのバラード

11.石油戦争

12.ザ・スパイゲーム

13.ザ・スペシャリスト

14.傭兵部隊

15.日本が叩き潰される日

16.ザ・スクープ

17.勇者還らず

18.勇者還らず

19.アメリカよ!あめりかよ

20.38度線崩壊

21.ただ栄光のためでなく

22.戦士に涙はいらない

23.「聖地」荒れて

24.男たちの伝説

25.謀略者たち

(1〜25)  (26〜50)
(51〜75) (76〜)

20世紀最後の真実―いまも戦いつづけるナチスの残党
20世紀最後の真実―いまも戦いつづけるナチスの残党
落合 信彦
集英社
出版日:1984-01
詳細はコチラから

※このような本を「シンジツ」として受け入れている人がいつ自体が大変な驚きです。あの”フリードリヒ”が大物リヴィジョニスト(ホロコースト否定の歴史捏造者)かつネオナチのエルンスト・ツンデルであることは常識です。しかしなぜ「UFO」なのか? “フリードリヒ”は実はこんなことを暴露しています。

「私は、北アメリカの人々は教育されることに興味がないのだと気づきました。彼らは楽しませてもらいたいのです。その本は楽しむためのものでした。表紙に載せた総統の写真と南極大陸からやってくる空飛ぶ円盤のおかげで、ラジオとテレビのトークショーに出演するチャンスが得られました。私は、1時間番組のうち約15分間は、この不思議なエピソードについて話をしました。それから…それが私にとって自分の話したいことを話すチャンスだったのです」

(ロバート イーグルストン著 「ポストモダニズムとホロコーストの否定」より)

つまり“フリードリヒ”は自分の珍説(ホロコースト否定)を宣伝するためにこの怪電波をでっち上げたのです。この本がいかにアホでその上リヴィジョニストにまんまと利用されたバカ丸出しの本であるかが分かると思います。しかしいずれにせよす“フリードリヒ”もたちがはるかに悪いのは自称“国際ジャーナリスト”の著者でしょうね。 “フリードリヒ”を始めリヴィジョニスト達は自分が言っていることは嘘だと分かっていながら政治的理由(白人優越主義、反ユダヤ主義、ナチマンセー)からわざとその嘘を撒き散らす明確かつ最悪の確信犯ですが、その確信犯の魂胆を知りながら日本の読者にあたかも「事実」のように紹介した著者はさらに最悪です。是非とも虚偽を認めてほしいです。絶対ありえないでしょうけど。

もっと詳しく知りたい方は奥菜秀次氏の本のお薦めします。著者の正体と“フリードリヒ”を始めとするリヴィジョニストの特徴が分かるので一石二鳥でしょう。

※中には事実も含むが、とても非科学的な内容
残念ながら、著者には主題に対する知識が明らかに欠落しており

全体的に、他のフィクション小説から引用されてきた
『真実』のみが証拠として提示されている

不相応なタイトルのみがむなしく響く・・

※初版を読み、当時、うぶな少年だった私は、モロだまされた。
それから二十年。あらためて読んだら、・・・すごい!読み終わるまで、身体の震えが止まることはなかった。もう、何と言うか、ナチスという素材もネタ的に素晴らしいが、全編を貫くハードボイルドな語り口に笑いのツボをくすぐられまくり、しまいにゃ腸がねじれて死にそうになった。

暇つぶしに最適な「面白本」ということで、五つ★をあげちゃおう。
まあ、ようするに、我らがマルコポーロならぬプレーボーイは、インタビューの形式をとりながら最後に触れる「ナチス擁護論」を、書いてみたかったんでしょうなぁ。

※ もうみんな知ってるかと思っていたら、そうでもないらしいので驚きました。

 この本の主要な情報源として目線入りで出てくる「フリードリヒ」という人物の正体は、フリードリヒ・ツンデル (ズンデル) というネオナチ系出版社の主宰者で、矢追純一さんの『ナチスがUFOを造っていた』 (雄鶏社、河出文庫) にも登場して、落合さんのことにも言及しています。

 そして、と学会『トンデモ本の世界』 (洋泉社、宝島社文庫) 等によると、この人物のUFOネタは、ホロコースト否定に代表される彼らの宣伝活動に世間の注目を集めるための与太話だったと、裁判で証言してさえもいるのだそうです。

 どうかそういう本だと知った上でお読みください m(_ _)m。

※落合ファンですがこの本だけはどうも信じられない。ナチスの残党が南米に多く逃亡したのは事実だが、この連中の「町」があるなんて信じられない。でも、ひょっとして本当にあるのかもしれない。そういうことが世界にはよくあるので。そういうことで一応ドキドキするので、読む価値はあると思います。